小さい秋みーつけた

投稿日時:2011.09.04 (日)  16:13:35カテゴリ:大正池の自然

 

各地に大雨をもたらしている台風12号ですが、大正池では雨はそれほどひどくはありませんでしたが、風がかなり強く看板等が倒れたりしました。

     

自然の猛威のおそろしさを感じました。


そんな中、バンガロー「やまどり」の横から池に降りていく道に・・・



     


もみじの木が植えてありますが、よく見ると少し赤くなっていますよ。

隣の木はなんと!


     


こんなに赤くなっていました。

秋に向かってどんどん準備をしているんですね。

ここに植えられているもみじは、毎年初めに紅葉し始める「秋の使者」ともいえるもみじなんです。



     

こちらは、去年の11月ごろのもみじです。

綺麗に赤く染まっていましたよ。

紅葉を楽しみに、秋の散策にぜひ来てみてくださいね。

台風は自然の猛威ですが、自然はこうして感動も与えてくれるのですね。




もみじが赤くなるのは、寒くなってくると葉で作られた栄養が栓をされて枝にいかなくなり、葉を緑にしている色素が老化して壊れてしまい、葉に残った栄養から赤い色素が出来るため、緑から赤く変化します。

照れて赤く染まっているわけではないんですね。



■コメント

コメント記事はありません。


■コメントを書く