なめこの菌打ち

投稿日時:2011.12.04 (日)  15:54:17カテゴリ:大正池の自然

 

12月に入り、今年もいよいよ残り少なくなってきましたね。

大正池では、落葉樹が葉っぱを落として本格的な冬にむけて準備をしていますよ。


今日の大正池

 

12月1日に大正池では、なめこの菌打ちを行いました。

間伐で切り出したひのきを使って菌打ちをしました。



1mに切ったひのきにドリルで穴を開けていきます。

開けた穴に種駒と呼ばれる、なめこの菌がついた木の駒を打ち込んでいきます。


木づちで種駒を打ち付けているところです。

コーン、コーンと軽快な音が響いていましたよ。



なめこの菌を打ち付けたほだ木を、菌が十分に回るように湿気の多い所に伏せておきます。

ひのきの皮はめくってしまうと、乾燥してなめこの菌が死んでしまうのでそのままにしておきますよ。

たくさん出るようになるには2〜3年はかかりますが、早ければ来年の秋にはなめこがでるかな? 今から楽しみですね。

原木のなめこは、市販のなめこに比べて大きくて肉厚でこりこりしていますよ。


大正池では3〜4月にしいたけの菌打ちのイベントを計画中です。

楽しみに待っていてくださいね。



■コメント

コメント記事はありません。


■コメントを書く